熱性けいれん 長田駅徒歩1分の小児科 のせ小児科クリニック(神戸市)

  • TOP
  • 熱性けいれん

熱性けいれんとは

38℃以上の発熱に伴って乳幼児期(主に6か月から5歳位まで)におこるけいれんや一時的な意識障害です。一般的には38度以上の発熱に伴っておこりますが、当初熱のない状態でけいれんし、直後に急激に発熱することがあります。

熱性けいれん

熱性けいれんの原因

熱性けいれんは年齢が原因とされています。未熟脳はけいれんを抑制する力が弱いためです。

熱性けいれんの症状

突然体を硬くして、その後手足を震わせ、眼球は上方を向いて白目となり、意識はなくなり、呼吸は荒く不規則になる。というものです。しかしこの症状はほとんどの場合5分以内におさまり、あとはスヤスヤと何事もなかったかのように眠った状態となります。

このほか高熱時に意識がはっきりしなかったり、数分間一点を見続けるような状態も熱性けいれんの症状の一つと考えられます。

熱性けいれんの治療・予後

基本は予防となります。発熱がみられたらけいれん予防座薬を投与します。予後は良好なことが多いのでこの薬を使わないこともあります。

熱性けいれんの注意点

あわてないで、痙攣の様子を詳しく観察してメモをとってください。後に治療していく上での重要な資料となります。吐いたものをのどに詰まらせないように、顔を横に向けてください。5分経っても痙攣が治まらなかったら救急車を呼んでください。 舌をかまないように、などの理由で口に手をいれることは、嘔吐を引き起こし、窒息の危険があるので絶対にやめましょう。

熱性けいれんとインフルエンザ脳症との違い

インフルエンザ脳症の症状として起きるけいれんの場合は、10分以上続く、繰り返し起きる、けいれんが治まっても意識がないのが特徴です。すぐに救急車を呼びましょう。

のせ小児科クリニック
概要

院長 野瀬まどか
標榜科目 小児科
診療時間 午前 9:00~12:00  午後 16:00~18:30
休診日 火曜日午後、日曜日、祝祭日
住所 兵庫県神戸市長田区四番町7-27
ワコーレ長田総合ビル2F
電話 078-575-4865
アクセス 神戸市営地下鉄長田駅・阪神電鉄高速長田駅、徒歩1分
facebook LINE Twitter Instagram

連携医療機関

公文病院
入院施設があり、完全看護を実施しています。
西市民病院
小児科部長の江口先生は小児腎臓疾患がご専門ですが新生児診療もなさるオールマイティです。
かなたに診療所
無床診療所ですが、病児保育施設を併設されています。
大変おやさしい女医さんです。